Skip links
mail-wallet-thumbnail

メールウォレットとは?Eメールアドレス認証だけで仮想通貨を扱うことが可能なウォレット新時代

現在、ブロックチェーンや仮想通貨の世界における大きな参入障壁の一つはウォレットの取り扱いです。初心者にとってウォレットの管理は難解であり、誤操作や詐欺のリスクも伴います。これが多くの人々が仮想通貨を避ける原因の一つとなっています。

しかし、初心者でも簡単にメールアドレスでウォレット作成が可能になりました。これにより、ユーザーはメールアドレスだけで仮想通貨ウォレットを作成し、安心して利用することができます。すでにNFTマーケットプレイス「OpenSea」などいくつかのプロダクトで導入されはじめています。

この記事では、そんなメールアドレスで作成できるウォレット「メールウォレット」について解説します。是非参考にしてください。

メールウォレットとは?

メールアドレスで作成できるウォレット(メールウォレット)は、従来の仮想通貨ウォレットと異なり、ブラウザ拡張機能や専用アプリを必要としません。ユーザーは自分のメールアドレスを使って簡単にウォレットを作成し、管理することができます。Eメールで受け取った認証のログインコードを入力するだけで、Web3.0アプリへのログインや仮想通貨の送受信が可能です。メールウォレットは、あらゆるデバイスとブラウザに対応するWeb3.0接続でお馴染みのWallet Connectが提供するプロトコルです。

具体的なプロセスの違いは以下の通りです:

通常の仮想通貨ウォレット作成

wallet-old

  1. ブラウザ拡張機能もしくはウォレットアプリをインストール
  2. パスフレーズ・プライベートキーを自分で保管
  3. 取引時にウォレットを起動して利用

メールウォレットの作成

mail-address-wallet

  1. 接続したいdAppsにアクセス
  2. 自分のメールアドレスを入力(どのメールアドレスでもOK)
  3. 届いたメールから認証、番号を入力して接続

メールウォレットのメリット

メールウォレットには、以下のような多くのメリットがあります。

メリット1:端末やブラウザを選ばない

従来のウォレットは、Google Chrome専用の拡張機能やスマホ専用アプリなど、利用できるデバイスやブラウザに制限があります。しかし、メールウォレットはデバイスやブラウザを選ばず、パソコンでもスマホでも、どのブラウザでも利用可能です。

メリット2:簡単な操作

アプリのインストールやパスワードの設定、保管などの煩雑な手続きを一切必要としません。既存のメールアドレスでウォレットを作成するだけで、即座に利用開始できます。

メリット3:誰でも導入可能

仮想通貨ウォレットの利用には一定のリテラシーが求められますが、メールアドレスウォレットは初心者でも簡単に利用できます。これにより、ブロックチェーンや仮想通貨に馴染みのない方でも手軽にウォレットを作成し、トークンの配布や取引を行うことが可能です。

メールウォレットのセキュリティについて

ウォレットアプリなどの自己管理型ウォレットでは、ウォレットの復元に使用する秘密鍵を完全に自分で管理しなければなりません。秘密鍵を紛失したり他人にアクセスされたりすると資産が失われる可能性があるため、安全に保管しバックアップしておく必要があります。

メールウォレットは、自身で秘密鍵を保管する必要はありません。その代わりメールアドレスのアカウント(Gmailのアカウントなど)にログインされてしまうと資産が失われる可能性がありますので、その点だけ注意が必要です。心配な方は、2段階認証などメールアカウントのセキュリティを強固にしておきましょう。

メールウォレットの復元方法

メールウォレットは、基本的に自身で秘密鍵を保管する必要はありませんが、復元など必要に応じて、リカバリーフレーズを自分で管理することも可能です。

メールウォレットの復元方法は、「メールウォレットの復元方法:リカバリーフレーズの管理と使用」をご覧ください。

活用事例

メールウォレットの導入は、以下のような多岐にわたる分野での応用が期待されます。

事例1:顧客リスト・メーリングリストにエアドロップ

企業は既存の顧客リストやメーリングリストを利用して、新規トークンやプロモーションの一環としてエアドロップを実施できます。これにより、顧客は簡単にトークンを受け取り、利用開始できます。

事例2:ポイントやデジタル商品のWeb3.0化

企業は顧客のロイヤルティポイントやデジタル商品(例:クーポン、デジタルギフトカード)をトークン化し、Eメールウォレットを通じて配布できます。これにより、ポイントシステムの透明性と信頼性が向上します。

事例3:イベントやキャンペーンでのインスタントウォレット作成

イベントやキャンペーン参加者に対して、Eメールウォレットを通じて即座にデジタルトークンを配布できます。これにより、参加者は簡単に特典や報酬を受け取ることができ、エンゲージメントが向上します。

事例4:eコマースでの支払い手段としての利用

eコマースサイトで、顧客がEメールウォレットを利用して商品やサービスの購入を行えるようにすることで、仮想通貨での支払いのハードルを下げ、仮想通貨利用者層を拡大します。

事例5:寄付プラットフォームでの簡単寄付

非営利団体やチャリティーイベントにおいて、Eメールウォレットを利用することで、寄付者が簡単に仮想通貨で寄付できる環境を提供します。これにより、寄付の手続きが簡便化され、寄付額の増加が期待できます。

事例6:オンラインゲームでのアイテム配布

オンラインゲーム内でのアイテムやトークンの配布をメールアドレスウォレットを通じて行うことで、ユーザーは簡単にゲーム内での特典を受け取れます。これにより、ユーザーの満足度とエンゲージメントが向上します。

事例7:教育プラットフォームでの認証証明書発行

オンライン教育プラットフォームで、コース修了証や資格証明書をトークン化し、Eメールウォレットを通じて発行できます。これにより、証明書の透明性と信頼性が高まります。

事例8:企業のインセンティブプログラム

企業が従業員やパートナーに対するインセンティブプログラムとして、トークンをEメールウォレットで配布することで、より柔軟かつ透明性のある報酬システムを実現します。

事例9:アフィリエイトマーケティングでの報酬支払い

アフィリエイトパートナーに対する報酬を仮想通貨で支払う場合、Eメールウォレットを利用することで、迅速かつ簡便に支払いが行えます。

まとめ

メールウォレットは、仮想通貨の普及を促進する画期的なツールです。初心者でも簡単に利用できることから、多くの分野での応用が期待されます。ぜひこの機会に、メールウォレットを導入し、より多くの顧客に安心して仮想通貨の世界を体験してもらいましょう。

Comments are closed.

Dowload
KEYRING EXCHANGE
Link