Skip links
liquidity-management

Keyring ProにLiquidity管理機能追加!V3 DeFiの収益をわかりやすく確認できるツール

Keyring Proに新しくLiquidity管理機能が追加されました。

これによりUniswap V3やPancakeswap V3のプールに預けているLPトークン(ペアトークン)の日々の利息や変化を簡単に確認できるようになります。DeFiにおけるイールドファーミングを一括で管理し、日々のパフォーマンスをわかりやすく確認できます。

この記事では、そんなLiquidity管理機能について解説します。

是非参考にしてください。

Liquidity管理機能とは?

DEX(分散型取引所)のUniswap V3やPancakeswap V3では、レンジを選択してトークンのペアをプールに預けることで、選択した範囲内にトークン価格がおさまっている間、利息をもらうことができます。これは、トークンのペアを預けることで、DEXに流動性を供給し、その代わりに取引手数料の一部をもらうことができるという仕組みです。

そんな、プールに預けているLPトークンの情報を一括で確認できる機能がLiquidity管理機能です。UniswapやPancakeswapでは、わかりづらい預けているLPトークンの日々の利息など詳細情報を簡単に確認することができます。

Liquidity管理機能の使い方

liquidity-keyring-pro

Uniswap V3やPancakeswap V3でLPトークンを預けることが完了すれば、Keyring Proを開いて右上の「Liquidity」を選択します。

liquidity-register-address

下部の「Register address」を選択してプールにLPトークンを預けたアドレスを選択、登録します。

すると、Liquidity ManagmentページにLPトークンに関する情報があらわれます。LPトークン情報は最大10個まで表示可能となっています。

ただし、登録済みのアドレスで新規ポジションをたてた場合、LPトークン情報は翌日のUTC0時(日本時間9時)に表示され、前日との比較などはリスト登録が完了してから1日以上経過してから表示されます。アップデートは、毎日UTC0時になります。

liquidity-management

各LPトークンリストには、以下の情報が表示されます。

  • トークンペアの種類
  • Liquidity:流動性供給している価格
  • Unclaimed fees:クレーム前の利息
  • Yesterday Profit:前日との比較

liquidity-management-delete-real-time

LPトークンリストを横スライドすると以下の3つのメニューが表示されます。

  • Delete:LPトークンの情報を削除します。
  • Real Time:UniswapもしくはPancakeswapを開いて、リアルタイムのLPトークン情報を表示します。
  • TXD:エクスプローラーでLPトークンのトランザクションを確認します。

liquidity-daily

LPトークンリストをタップすることで以下の情報が確認できます。

  • Range meter:LPトークンの設定レンジと現在のポジション(矢印)を確認できます。ここでレンジ内に入っているかどうかを確認できます。
  • Liquidity Chart:流動性供給している価格をチャートで確認できます。
  • Profit records:日々の利息および預けた日数によるAPR(年率)を確認できます。

まとめ

Keyring Proに新たに導入されたLiquidity管理機能により、ユーザーはUniswap V3やPancakeswap V3に預けているLPトークンの日々の利息や変化を容易に追跡できるようになりました。この機能を利用することで、DeFiのイールドファーミング活動を一元的に管理し、そのパフォーマンスを明確に把握することが可能です。

この新機能は、DeFiプラットフォーム上での流動性の管理と最適化を図る上で大きな助けとなるでしょう。

この記事が参考になれば幸いです。

Dowload
KEYRING EXCHANGE
Link
Fairlaunch Pamp Da Coin (Meme Coin)
This is default text for notification bar